スポンサードリンク

発毛改善の近道

抜け毛をした髪の毛を調べることは、発毛や育毛の手当ての参考になります。
ここでは、抜け毛の状態によってご自分がどのような症状であるか判断するための手助けをしたいと思います。

まず抜け毛の本数ですが、1日の抜け毛の平均的な量は“約50本程度”と言われています。
しかしこれは、頭皮の状態や健康状態によって個人差があります。
1日“30本”の抜け毛でも抜け毛が進行していて危険な場合もありますし、例え“70本”抜けていてもそれほど心配しなくても良い場合もあります。
これは寿命を終えた髪の毛が自然に脱毛するのであれば問題はないということです。

次に抜け毛の“太さ”を見てみましょう。
抜け落ちた髪の毛の太さにばらつきがあればある程、髪の毛自体にも生命力がなく、頭皮も弱ってきているということになります。
又、細い毛が多いほど頭皮は弱っていて、次に発毛してくる髪の毛も抜け落ちた髪の毛以上に細い場合が多いです。
このような状態が続くと頭髪全体が薄くなってきたと感じるようになります。

最初に“抜け毛の量”の話題をしましたが、いつ頃抜け毛が多かったのかも考えてみる必要があります。
現在は1日2、30本だが、以前は50本程抜け毛があった、という場合は、“発毛の手当てにより頭皮や髪の毛の状態が良くなった為、抜け毛が少なくなった”という場合と、“抜け毛が慢性的に進行している為、抜ける髪の毛が少なくなった”という悪い状態が考えられます。

しっかりした髪の毛を発毛させる為には、まず自分の状態を良く観察し、手当てを施すことが改善にとって近道となります。
タグ:発毛

短小毛は早く発毛手当てを

“抜け毛をチェックする”ことはご自分の発毛の手当ての参考になりますが、抜け毛には様々な種類があります。
抜け毛を良く見てみた時に、“短く弱々しい”抜け毛があれば、それは“短小毛”という寿命を待たずに若くして死んでしまった髪の毛のことです。
健康な髪の毛であれば1ヶ月に約1cm伸びると言われています。
当然散髪やカットによって一概にはいえませんが、6cmの“短小毛”が抜け毛の中にあるなら、たった6ヶ月で寿命を終えたということになります。
実はこの“短小毛”が多いほど髪の毛が減って薄毛になる確率が高いのです。

髪の毛は一度産毛状態になると、その毛が太く長く成長する毛に回復するのはかなり困難になります。
ですから産毛状態になる前に手当てを施す必要があるのです。
抜け毛の中に“短小毛”がどれ位含まれているか、本当にその抜け毛が“短小毛”なのかどうか良く観察してみましょう。

しかしそれがもし“短小毛”だとしても、あきらめる必要はありません。
実は髪の毛が回復に向かっている最中であっても“短小毛”と同じ抜け毛が含まれるのです。
髪の毛が回復する過程には非常に長い時間がかかります。
抜け毛と発毛を何度も繰り返し行い、細く弱い毛が太く長く変化してくるのです。
寿命においても6ヶ月で抜けてしまっていたものが通常の3、4年の寿命へと長生きしてきます。

覚えておきたいのは、もし抜け毛の中で“短小毛が目立つ”ようであれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多いということです。
少しでも早く発毛の手当てを行い、対策を施す必要がありますので注意して観察しましょう。
タグ:発毛

発毛の為に抜け毛のチェック

“抜けてしまった髪の毛”を観察してみるのも発毛のために参考になります。
但し現象から判断するには少々危険なので、あくまでも参考程度にしておきましょう。

“自然と抜け落ちる”髪の毛の平均的な寿命は男性では“3、4年”、女性では“4〜6年”といわれています。
“寿命”で抜け落ちた髪の毛はマッチ棒のような形をしていますが、そのような抜け毛ばかりだからと言って安心はできません。
髪の毛に十分な栄養が行き渡らない場合や、弱くなっている場合でも寿命が短くなってしましますが、この寿命が短くなった髪の毛も同じ形状をしているのです。
ですから抜け毛のチェックだけでなく、“頭皮の老化”についても合わせて調べなければいけません。

“寿命”にならずに何らかの理由によって、途中で抜け落ちてしまうことを「広汎性脱毛」と言います。
毛根に“シッポ”が付いたような形状をしており、寿命を全うできずに途中で抜けてしまうのです。
原因は様々ですが、頭皮、毛根の内部、体調に原因があって途中で抜けてしまった、と考えた方が良いです。
“皮脂”が原因の場合もあるとは思いますが、“過度なシャンプー”や“クレンジング”で逆に必要な皮脂まで除去してしまうのは大変危険です。
現代の方が“薄毛人口”が多いといわれていますが、ひと昔前の人は頻繁にシャンプーなど行わなかったのですから。
問題は抜け毛の中に、この「広汎性脱毛」で抜けてしまった髪の毛がどれ位占めているか?ということです。

抜け毛は男性では“1日50本位”と言われていますが、時々見てみるのも発毛を行う上でも参考になります。
タグ:発毛 抜け毛
スポンサードリンク
発毛・育毛情報:内容紹介
発毛剤の理解
“発毛”を行う上で使用する発毛剤ですが、現在では様々な種類のものが発売されています。
発毛剤のタイプ
発毛剤のタイプにはいったいどんなものがあるでしょうか? 残念ながら脱毛に効く万能薬は無いので、自分の症状や体質に合ったものを使用するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎
「脂漏性皮膚炎」は、生活環境、食生活、シャンプー剤、洗髪の方法などに問題があることによって、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて発症する場合があります。
ステロイド剤の副作用
医師の処方をきちんと守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので簡単に紹介します。
発毛剤の効く条件
これまで発毛剤や育毛剤を使用し続けてきてもあまり効果が表れないという場合は、もしかすると他に改善すべき原因があると考えられます。
プロペシアの副作用
「ジヒドロテストステロン」(DHT)という成分が発毛や髪の毛の成長を阻害するといわれていますが、“プロペシア”の主成分である「フィナステリド」がこのDHTの生成を抑制してくれます。
生え際の復活
毛の生え際を復活させるには、DHT抑制効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、また頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を併用するなどの多角的な対処方法が有効と思われます。
発毛するにはまず頭皮の回復
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていくことが大切です。
発毛の現実
薄毛に悩む方が「期待する発毛効果」と「発毛の現実」には大きなギャップがあります。
発毛のステップ
発毛は、3段階のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。
清潔な頭皮
発毛を促す上で“頭皮を清潔にすれば良い”といわれていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がるという訳ではありません。
発毛は生え代わり
“抜け毛対策”というのは、抜け毛の量を減らすことよりも、どちらかというと抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
毎日の発毛ケア
“発毛ケア”は“特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない”、という考えは間違いです。
発毛の為に抜け毛のチェック
“抜けてしまった髪の毛”を観察してみるのも発毛のために参考になります。
短小毛は早く発毛手当てを
抜け毛の中で“短小毛が目立つ”ようであれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多い
発毛改善の近道
しっかりした髪の毛を発毛させる為には、まず自分の状態を良く観察し、手当てを施すことが改善にとって近道となります。
発毛に求める効果
これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代であっても、発毛の手当てをして求めた効果を得る人はほんの一握りです。
健康な体づくり
発毛の手当ても、まず頭皮の状態を回復させ、健康で全身に栄養がしっかりと運ばれるような体づくりをしましょう。
皮脂の知識
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまいます。
皮脂の役割
皮脂には、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
発毛におけるホルモンバランス
女性は男性ホルモンが過剰になるということはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
頭皮の老化を防ぐ
頭皮が老化すると、発毛をしたとしても栄養が行き渡らず、十分に育ちません。
病院に行きましょう
発毛の手当てを行う場合、独学で行うより病院で診断してもらった方が、断然確かな方法が取れます。
よくある髪のトラブル
頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛自体のトラブルについても知っておいた方が、もしそういうトラブルになった時でもすぐに対処ができます。
発毛の情報
近年のインターネットの普及により、発毛や育毛など髪の毛に関係する情報には様々なものがあります。
発毛いろいろ知識
発毛の手当てを行う上で様々な知識を持っていることは、より効果的な手当てを行えるということに繋がります。
シャンプー前には
“シャンプーのし過ぎは良くない”といわれていますが、シャンプーをしないというのも当然ながら良くありません。 自分の頭皮の状態に合わせて、適宜洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。
シャンプーの仕方
正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てをする上で清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。
食生活と生活環境
薄毛になってしまう原因には、生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが頭皮に栄養をうまく運べなくなっている場合もあります。
発毛における環境
“薄毛”や“若ハゲ”で悩む方は年々増え続けています。私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。
※“発毛”や“育毛”はご自分の判断で行わずに、専門医に相談されることをお勧めします。掲載情報を使って損害が生じたとしても、当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。