スポンサードリンク

発毛に求める効果

発毛の手当てを行って求める効果、それはいったいどんな状態でしょうか?
何らかの原因があって抜け毛が起こって薄毛や若ハゲ、脱毛症になってしまうのですが、この状態が改善し、髪の毛がフサフサと生えてくることでしょうか?
発毛の手当てを行って全員がこのような状態になれば、髪の毛が薄い人など居いませんよね。
残念なことですが、求めている効果と実際に発毛手当てを行った結果には大きく隔たりがある場合が多くなっています。

これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代であっても、発毛の手当てをして求めた効果を得る人はほんの一握りということです。
“どんな効果を求めるか?”ということは手当てを行う上で非常に重要なことではないでしょうか?

ではその効果について、一般的な意見を参考に考えていきましょう。

■髪の毛が抜けてしまった所に新しい髪の毛を発毛させて復活する。
■髪の薄い所に髪の毛を発毛させ、密度を濃くする。
■手当てを始めたらすぐ効果が出て、半年位で見違える。
■抜け毛を少なくして発毛させたい。
■抜け毛を減らすことができれば髪の毛の全体量が増える。

色々な商品のキャッチコピーや宣伝などで紹介されているような考え方ですし、そのように望み、求めるのは当然なことですね。
上記のような“奇跡”が起きれば、当然髪の毛は復活し、フサフサになるでしょう。
発毛に期待する効果とはこのような事なのではないでしょうか。

発毛手当てを施す人が誰しも求める効果ではありますが、何十年前からこの夢のような状態を求め、発毛手当てを行い、そして多くの人が髪の毛が薄くなる原因が改善できず髪の毛を失っているという現実もあります。
タグ:発毛

毎日の発毛ケア

“発毛ケア”は、女性の“スキンケア”と同様に、毎日“頭皮のケア”を愚直に行うことが重要です。
“発毛ケア”は“特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない”、という考えは間違いなのです。

毎日毎日、“頭皮のケア”を続けることで、頭皮は回復し、発毛させる“スイッチ”が入る時があるのです。
その“スイッチ”が入るのが3ヶ月で来るのか、6ヶ月で来るのか、もしかすると2年かかるのか個人差はあるのでしょうが、頭皮の状態が“健康”にならない限り、スイッチが入ることはありません。

では“個人差”とはどういうものでしょうか?
それは「進行具合」や「今までの頭皮への負担」や「生活環境」、「食生活」、「体質」などによるものです。
現代は若い方でも薄毛になる方が多くなっていますが、それは、日々仕事でのストレス、日々インスタント食品などバランスの悪い食事など髪の毛にとってのマイナス要因を日々受けているからである可能性があります。
そのため、発毛ケア、頭皮ケアを日々行う必要があるのです。

髪の毛が発毛する“スイッチ”を入れるためには、頭皮の状態が良くなるということが絶対条件です。
頭皮自体が健康で、健康な髪の毛を育てる能力がなければどんな手当てを行っても髪の毛は生えません。
しっかりとした地盤固めができていなければ、どんな高性能な発毛剤を使用したとしてもうっすら産毛が生える程度で、栄養が行き渡らずにすぐに抜けてしまうでしょう。
健康な頭皮を、毎日毎日のケアで復活させ、健康的な髪の毛が発毛するように心掛けていきましょう。
タグ:発毛

発毛は生え代わり

“抜け毛対策”は発毛によって髪の毛を増やすことにも深い関係があります。
“抜け毛対策”というのは、抜け毛の量を減らすことよりも、どちらかというと抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
健康な髪の毛が生え代わるためには、栄養をしっかり吸収する健康な頭皮にする必要があります。
抜け毛を減らす手当てをしている人のほとんどは、抜け毛が減ったとしても実は全体の髪の毛の量も減ってしまっているという現実があります。
やはり弱い貧弱な髪の毛を頭皮にとどまらせるより、健康な髪の毛へ生え代わるサイクル作りが大切なのです。

自然と抜け毛が増える季節があるにもかかわらず、毛根の刺激、血流促進、皮脂の除去手当てなどにより、抜け毛が減った状態のままという状態は危険です。
本来の抜け毛は“髪の毛の寿命が終わり、新しい髪の毛が生え代わる”という意味があります。
100本抜けてしまっても、そのあとに100本発毛してくれば良いのです。
その為に“健康な頭皮を維持する”、これが発毛の本当の姿ではないでしょうか?

平均的な一日の抜け毛の本数は、男性なら10月〜4月は50本前後、4月〜10月は100本前後と寒い時期よりも暑い時期の方が髪の毛が抜けます。
犬などの動物と同じですね。
女性だと10月〜4月は40本前後、4月〜10月は80本前後になります。
これ位の量の抜け毛は“普通”なのです。
抜け毛の本数を数えることはあまり現実的ではありませんが、間違った抜け毛対策で、抜け毛が極端に減った状態であるなら生え代わりができていないということになります。

発毛のステップ

発毛はじっくりと時間をかけて行うことをお勧めします。
焦る気持ちはよく分かりますが、薬局などですぐに発毛剤、育毛剤を購入し、使用することは逆に効果が現れるのが遅くなってしまう場合が多いのです。
発毛は、以下のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。

頭皮の状態や個人差がありますので、発毛剤や処方する薬もその都度選ぶようにします。
独学ではなかなか難しいので、やはり“専門家のカウンセリングを受けながら”、ということが一番良い方法といえます。

ステップ1:頭皮の回復
健康な髪の毛が生える第一の条件は、“健康な頭皮を保つこと”です。
ほとんどの場合が、頭皮が痛んで弱い髪の毛しか生えてこない状態になっていますのでしっかりと頭皮を回復させます。
手当てに使用する製品はやはり症状によって異なりますが、4〜6ヶ月ほど継続して手当てを行うことで効果が現れるでしょう。
そうなれば、ステップ2に進むことができます。

ステップ2:発毛の手当てと発毛の加速
この第二のステップから発毛剤などを使用して本格的に発毛を促します。
何度も言いますが、効果がすぐに現れることはありませんので計画的にじっくりと、毎日手当てすることが重要です。

ステップ3:継続あるのみ
髪の毛を発毛させる能力にも個人差がありますが、継続することで髪の毛は増えてきます。
しかし体調の変化や季節などでも見た目に“あれっ?”と思う時期が必ずあります。
もし頭皮の状態が悪くなっていると思うなら、ステップ1に戻る勇気も必要です。
“健康な頭皮にこそ丈夫な髪の毛が生える”、ということは常に意識しておきましょう。
タグ:発毛

発毛の現実

抜けた髪の毛を良く見てみましょう。
自分で抜け毛を見ても何も分かりませんよね?
何が原因で髪の毛が抜けてしまったのか、“寿命が短い”のか、“以前と比べて細い毛になった”のか。
ただ不安にかられて「毛根が・・」と発毛剤や育毛剤を乱用している場合が多いのではないでしょうか?

発毛の現実はどうでしょう?
薄毛に悩む方が「期待する発毛効果」と「発毛の現実」には大きなギャップがあります。
広告やコマーシャル、インターネットなどで報告されている発毛効果は、一部の方の事例が多く、ほとんどの人にはなかなか効果が得られていないのが現実です。

頭皮における“皮脂”の状態を考えてみたいと思います。

男性の場合、“過剰な皮脂”が原因で抜け毛や薄毛になるという認識がありますが、毎日良くシャンプーしている人が多いにもかかわらず、薄毛や若ハゲ人口が増加しているというのは、やはり原因が別にあるのではないでしょうか?

女性の場合は、体質上もともと皮脂の分泌が多くなりません。
逆に“皮脂量を増やす”手当てが薄毛の原因になっているようです。

恐い話ですが、現代の20代の人の頭皮はひと昔前の40代位の人の老化した頭皮をしているそうです。
その頭皮から生える髪の毛も当然老化しているということになるのですが、これだけ良いシャンプーや発毛剤、育毛剤がある中、現代の方が悪い状態であるということはどういうことでしょうか?
食生活や生活環境に問題があることは間違いないのではないでしょうか?

なかなか発毛の効果を実感するのは難しいことですがあきらめずに体や頭皮の状態を整えていきましょう。
タグ:発毛

生え際の復活

薄くなった、あるいは後退した生え際を復活させる事はなかなか難しい事です。
そうなった原因を突き止め、対策できなければ当然復活は望めません。

個人差もありますので、一般的に気をつけなければならない事を勉強しておきたいと思います。

前頭部や生え際は髪の毛にとっての悪玉、男性ホルモンであるDHTに最も侵されている部分です。
当然その対策にはDHTを抑制することが必要となります。
“プロペシア”など人工的にDHTを抑制する発毛剤がありますが、副作用の心配が無いDHT抑制成分や栄養素もありますので参考にして対策してみましょう。
DHTを抑制する発毛剤は、DHTの抑制自体が目的ですので効果が表れるのも早く、効率的に結果が得られる場合が多いのですが、天然のものを多く摂取することも必要であると思います。

毛の生え際を復活させるには、DHT抑制効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、また頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を併用するなどの多角的な対処方法が有効と思われます。

男性ホルモンDHTを抑制するものとしては、以下の成分が良く知られています。

■体内部から摂取するもの
・ソーパルメット(天然)
・フィナステロイド
・亜鉛、ビタミンC、B2、B12
■頭皮に直接塗布するもの
・スピロノラクトン
・フィナ/デュタローション

体内からの摂取と、直接頭皮へ塗布する事を併用する事で、頭皮や髪の毛にとってはより効果的に対策ができると思います。
但し、頭皮や髪の毛の為に無理をしたり、過剰な摂取や使用は体調を崩したり副作用を起こす原因になりますので注意して下さい。
タグ:生え際
スポンサードリンク
発毛・育毛情報:内容紹介
発毛剤の理解
“発毛”を行う上で使用する発毛剤ですが、現在では様々な種類のものが発売されています。
発毛剤のタイプ
発毛剤のタイプにはいったいどんなものがあるでしょうか? 残念ながら脱毛に効く万能薬は無いので、自分の症状や体質に合ったものを使用するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎
「脂漏性皮膚炎」は、生活環境、食生活、シャンプー剤、洗髪の方法などに問題があることによって、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて発症する場合があります。
ステロイド剤の副作用
医師の処方をきちんと守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので簡単に紹介します。
発毛剤の効く条件
これまで発毛剤や育毛剤を使用し続けてきてもあまり効果が表れないという場合は、もしかすると他に改善すべき原因があると考えられます。
プロペシアの副作用
「ジヒドロテストステロン」(DHT)という成分が発毛や髪の毛の成長を阻害するといわれていますが、“プロペシア”の主成分である「フィナステリド」がこのDHTの生成を抑制してくれます。
生え際の復活
毛の生え際を復活させるには、DHT抑制効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、また頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を併用するなどの多角的な対処方法が有効と思われます。
発毛するにはまず頭皮の回復
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていくことが大切です。
発毛の現実
薄毛に悩む方が「期待する発毛効果」と「発毛の現実」には大きなギャップがあります。
発毛のステップ
発毛は、3段階のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。
清潔な頭皮
発毛を促す上で“頭皮を清潔にすれば良い”といわれていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がるという訳ではありません。
発毛は生え代わり
“抜け毛対策”というのは、抜け毛の量を減らすことよりも、どちらかというと抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
毎日の発毛ケア
“発毛ケア”は“特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない”、という考えは間違いです。
発毛の為に抜け毛のチェック
“抜けてしまった髪の毛”を観察してみるのも発毛のために参考になります。
短小毛は早く発毛手当てを
抜け毛の中で“短小毛が目立つ”ようであれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多い
発毛改善の近道
しっかりした髪の毛を発毛させる為には、まず自分の状態を良く観察し、手当てを施すことが改善にとって近道となります。
発毛に求める効果
これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代であっても、発毛の手当てをして求めた効果を得る人はほんの一握りです。
健康な体づくり
発毛の手当ても、まず頭皮の状態を回復させ、健康で全身に栄養がしっかりと運ばれるような体づくりをしましょう。
皮脂の知識
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまいます。
皮脂の役割
皮脂には、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
発毛におけるホルモンバランス
女性は男性ホルモンが過剰になるということはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
頭皮の老化を防ぐ
頭皮が老化すると、発毛をしたとしても栄養が行き渡らず、十分に育ちません。
病院に行きましょう
発毛の手当てを行う場合、独学で行うより病院で診断してもらった方が、断然確かな方法が取れます。
よくある髪のトラブル
頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛自体のトラブルについても知っておいた方が、もしそういうトラブルになった時でもすぐに対処ができます。
発毛の情報
近年のインターネットの普及により、発毛や育毛など髪の毛に関係する情報には様々なものがあります。
発毛いろいろ知識
発毛の手当てを行う上で様々な知識を持っていることは、より効果的な手当てを行えるということに繋がります。
シャンプー前には
“シャンプーのし過ぎは良くない”といわれていますが、シャンプーをしないというのも当然ながら良くありません。 自分の頭皮の状態に合わせて、適宜洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。
シャンプーの仕方
正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てをする上で清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。
食生活と生活環境
薄毛になってしまう原因には、生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが頭皮に栄養をうまく運べなくなっている場合もあります。
発毛における環境
“薄毛”や“若ハゲ”で悩む方は年々増え続けています。私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。
※“発毛”や“育毛”はご自分の判断で行わずに、専門医に相談されることをお勧めします。掲載情報を使って損害が生じたとしても、当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。