スポンサードリンク

頭皮の老化を防ぐ

健康な髪の毛を発毛させるためには、まず第一に頭皮の状態を健康に保つ必要があります。
頭皮が老化していると当然健康な髪の毛は生えてきませんし、生えてきても育ちません。
皮脂の取り過ぎは頭皮の老化に繋がり、状況を悪化させるのです。
一般的な情報によれば、“皮脂”が男性型脱毛症の原因のように言われていますが、これは男性ホルモンによる皮脂の分泌量が増加したことによります。
皮脂の取り過ぎは頭皮や髪の毛そのものの老化を早めてしまいます。
又、近年増加しているアトピー性皮膚炎や鼻炎などアレルギー体質の方は、髪の毛や頭皮の洗い方を間違えてしまうと、頭皮の状態を悪化させてしまします。

頭皮が老化すると、発毛をしたとしても栄養が行き渡らず、十分に育ちません。
その状態を続けると発毛自体もしなくなってしまいます。

このようなデータがあります。
ある発毛剤の場合、“発毛率が80%”だというのですが、これは実は産毛も含んだデータで、その発毛した髪の毛が太く健康に育つ割合は、そこから8分の1程度しかないそうです。
いくら発毛したといっても、産毛が生えただけでは、手当てを行う目的からしたらほとんど意味がないですよね。
頭皮や髪の毛の毛穴が老化した状態であると、せっかく発毛しても健康な髪の毛には成長できないのです。
頭皮の老化を改善することが、発毛の手当ての大前提になるということが分かって頂けると思います。

又、発毛剤そのものには頭皮の状態を改善する力があまり無いものが多いので、日々のケアによって頭皮の老化を防ぐようにしましょう。
タグ:頭皮

清潔な頭皮

発毛や育毛を行う上では細毛や薄毛だけではなく、もしかすると脱毛症の改善が必要になるかもしれません。
他のところでも説明しているように、ステップを踏んだ発毛の手当てで頭皮を回復させ、“髪の毛が抜けても生え代わる”状態にすることが必要です。

“発毛”とは、“頭皮を正常な状態に保ち継続すること”といえると思います。
発毛を促す上で“頭皮を清潔にすれば良い”といわれていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がるという訳ではありません。
市販のシャンプーや美容院、理髪店のシャンプーは、スタイリングや髪の毛の手触りを重視しているので、必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、逆に皮脂の分泌量を増やしてしまうことが多いのです。
当然頭皮を痛め、弱らせてしまいますので逆効果となります。

農家の方が健康な野菜を育てるのと同様で、除草剤などで除去するのは雑草だけです。
必要な栄養分や必要な髪の毛まで除去してしまうような行為は避けなければなりません。
頭皮と髪の毛の関係においては「頭皮料セリピッド」と「レストル頭皮用シャンプー」などを組み合わせて使用するのが効果的でしょう。
頭皮に必要な皮脂を取り除くことなく、本当の意味で清潔できれいな頭皮、髪の毛を保つことができます。

頭皮、髪の毛を健康な状態に保ち、又、もうひとつ大切な体の内面を改善すれば、必ず発毛効果は現れると信じて手当てしましょう。
個人差や症状によってたとえ発毛効果が現れないとしても、健康な体作りができるということは、他の意味でもあなたにとって良いことだといえます。
タグ:頭皮

発毛するにはまず頭皮の回復

薄毛は早く解消したいところですが、発毛の手当てを施す場合、いきなり「求める姿」を要求したとしても弱った頭皮や体がついてこないと思います。
発毛や育毛の手当ては持久戦といっても良い程、“継続する事”が大切で気を長くする必要があります。
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていくことが大切です。
発毛剤、育毛剤の使用による急激な環境の変化は、弱った頭皮とって最初は良くても持続しない結果となってしまいますので、やはりまずは頭皮を回復させて再構築することから始めましょう。
しっかりした地盤をつくり、発毛、育毛させていきましょう。
頭皮を回復することによって以下の2点の効果が現れます。

■髪の毛の生え代わりの正常化
悪い言い方かもしれませんが、頭皮が弱っていて栄養を十分に運べない場合、生えてくる髪の毛も細く、寿命も短いことがほとんどです。
それにもかかわらず健康な状態と同じように髪の毛が生えてくることを望むのは無理があります。
生え代わってくる髪の毛が本来と同じ健康な状態になるには、まず頭皮を回復させることが必要です。

■頭皮を回復させることで発毛を成功させる
回復のステップとしては、頭皮を回復させる→回復した頭皮の状態を維持する→発毛を促す手当てを行う→以上を継続して行う、ということになります。
薄毛や抜け毛には様々な要因がありますが、髪の毛が健康に生えてくるためには頭皮の回復がまず最初のステップとなります。

“発毛”とは当然ですが“髪の毛が生えてくる”ことです。
髪の毛はどこから生えますか?頭皮が弱っていては弱い髪の毛しか生えてこないのです。
タグ:頭皮 発毛
スポンサードリンク
発毛・育毛情報:内容紹介
発毛剤の理解
“発毛”を行う上で使用する発毛剤ですが、現在では様々な種類のものが発売されています。
発毛剤のタイプ
発毛剤のタイプにはいったいどんなものがあるでしょうか? 残念ながら脱毛に効く万能薬は無いので、自分の症状や体質に合ったものを使用するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎
「脂漏性皮膚炎」は、生活環境、食生活、シャンプー剤、洗髪の方法などに問題があることによって、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて発症する場合があります。
ステロイド剤の副作用
医師の処方をきちんと守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので簡単に紹介します。
発毛剤の効く条件
これまで発毛剤や育毛剤を使用し続けてきてもあまり効果が表れないという場合は、もしかすると他に改善すべき原因があると考えられます。
プロペシアの副作用
「ジヒドロテストステロン」(DHT)という成分が発毛や髪の毛の成長を阻害するといわれていますが、“プロペシア”の主成分である「フィナステリド」がこのDHTの生成を抑制してくれます。
生え際の復活
毛の生え際を復活させるには、DHT抑制効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、また頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を併用するなどの多角的な対処方法が有効と思われます。
発毛するにはまず頭皮の回復
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていくことが大切です。
発毛の現実
薄毛に悩む方が「期待する発毛効果」と「発毛の現実」には大きなギャップがあります。
発毛のステップ
発毛は、3段階のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。
清潔な頭皮
発毛を促す上で“頭皮を清潔にすれば良い”といわれていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がるという訳ではありません。
発毛は生え代わり
“抜け毛対策”というのは、抜け毛の量を減らすことよりも、どちらかというと抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
毎日の発毛ケア
“発毛ケア”は“特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない”、という考えは間違いです。
発毛の為に抜け毛のチェック
“抜けてしまった髪の毛”を観察してみるのも発毛のために参考になります。
短小毛は早く発毛手当てを
抜け毛の中で“短小毛が目立つ”ようであれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多い
発毛改善の近道
しっかりした髪の毛を発毛させる為には、まず自分の状態を良く観察し、手当てを施すことが改善にとって近道となります。
発毛に求める効果
これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代であっても、発毛の手当てをして求めた効果を得る人はほんの一握りです。
健康な体づくり
発毛の手当ても、まず頭皮の状態を回復させ、健康で全身に栄養がしっかりと運ばれるような体づくりをしましょう。
皮脂の知識
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまいます。
皮脂の役割
皮脂には、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
発毛におけるホルモンバランス
女性は男性ホルモンが過剰になるということはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
頭皮の老化を防ぐ
頭皮が老化すると、発毛をしたとしても栄養が行き渡らず、十分に育ちません。
病院に行きましょう
発毛の手当てを行う場合、独学で行うより病院で診断してもらった方が、断然確かな方法が取れます。
よくある髪のトラブル
頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛自体のトラブルについても知っておいた方が、もしそういうトラブルになった時でもすぐに対処ができます。
発毛の情報
近年のインターネットの普及により、発毛や育毛など髪の毛に関係する情報には様々なものがあります。
発毛いろいろ知識
発毛の手当てを行う上で様々な知識を持っていることは、より効果的な手当てを行えるということに繋がります。
シャンプー前には
“シャンプーのし過ぎは良くない”といわれていますが、シャンプーをしないというのも当然ながら良くありません。 自分の頭皮の状態に合わせて、適宜洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。
シャンプーの仕方
正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てをする上で清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。
食生活と生活環境
薄毛になってしまう原因には、生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが頭皮に栄養をうまく運べなくなっている場合もあります。
発毛における環境
“薄毛”や“若ハゲ”で悩む方は年々増え続けています。私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。
※“発毛”や“育毛”はご自分の判断で行わずに、専門医に相談されることをお勧めします。掲載情報を使って損害が生じたとしても、当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。