スポンサードリンク

プロペシアの副作用

飲む発毛剤として話題の“プロペシア”。
販売しているのはアメリカの「メルク社」ですが、日本では2005年に輸入を開始しました。
“プロペシア”の発毛剤としての効果は、男性型脱毛症に限ります。
「ジヒドロテストステロン」(DHT)という成分が発毛や髪の毛の成長を阻害するといわれていますが、“プロペシア”の主成分である「フィナステリド」がこのDHTの生成を抑制してくれます。

“プロペシア”は服用し始めるとすぐにDHTの生成を抑制してくれますが、髪の毛の成長はゆっくりしているので、効果が目に見えて分かるようになるには早くても3ヶ月、一般的には6ヶ月位かかると言われています。
また、効果が出てもそれを持続させる為には継続的に“プロペシア”を服用することが必要で、服用を中止するとDHTの生成が再び活発になり、増えた髪の毛はまた失われてしまうそうです。

“飲む発毛剤”という事で、私達日本人にとっては歴史も浅く、薬害などの副作用が気になるところです。
報告されている副作用ですが、頭痛、腹痛、下痢、頻尿、排尿障害、性欲の減退、勃起機能の低下、射精障害、精液量の減少などが挙げられます。
当然、体の状態や個人差によって発症するのですが、服用を止めれば副作用は無くなります。

日本に輸入を開始するにあたって行う、承認審査の時には副作用の発生率は4%であったと報告されています。
“プロペシア”は男性型脱毛症に限って効果がありますので、女性や未成年者は服用できません。
特に妊娠中の女性は“プロペシア”の砕けた破片に触っても胎児の生殖機能に影響がある場合があるので注意が必要です。

発毛剤の効く条件

発毛の手当てを行う場合、“ハゲ”や“薄毛”となってしまった複数に絡み合った原因をひとつずつ突き止め、もらさないように対策する事が必要です。

今まで発毛剤や育毛剤を使用し続けてきても、あまり効果が表れない場合は、もしかするとまだ他に改善すべき原因があるのかも知れません。
いくら医学の発展や研究の成果によって“高品質な育毛剤、発毛剤”が増えていても、残念ながらまだ万能薬とまではいきません。しかし、発毛を実際に成功させている方もいるのですからあきらめずに手当てしていただきたいと思います。

しかしそうはいっても原因追求ものんびりしていると、脱毛は進み、もう手遅れとなる場合もありますのでスピーディーに自分に合った手当てをしましょう。

発毛剤、育毛剤の効果は、食生活や生活環境によっても差が出てきます。
規則正しい生活やバランスの良い食事を摂っている方は、頭皮の状態も血行も良く、発毛剤がより効く体ができています。
逆に乱れた食生活や夜遅く寝不足が続くなど生活環境も不規則な方は、例えば血液がドロドロで栄養供給も悪く、頭皮も荒れている場合があります。
このような状態では、頭皮に発毛剤をたっぷり使用してもあまり効果は望めません。
2005年に発売された飲む発毛剤“プロペシア”も例外ではありません。

やはり頭皮、髪の毛に良い条件作りをする事が第一で、その併用として発毛剤を使用しましょう。
発毛剤を購入して使用する方は、本当に髪の毛の手当てをしたいと考えている方だと思いますので、良く理解していただけると思います。
タグ:発毛剤

ステロイド剤の副作用

発毛の手当てをする上で、健康な頭皮を維持し続けることは大切です。
喫煙、寝不足、ストレスなど体に良くないことは頭皮にも良くありませんが、“皮膚炎”を発症してしまった場合は「抗炎症剤(ステロイド)」を用いて頭皮の炎症を抑える場合があります。
医師の処方をきちんと守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので簡単に紹介しておきます。
ステロイド剤は使い方を誤ることによって次のような副作用が起こると言われています。

◇皮膚が薄く弱くなる。
◇ニキビができやすくなる。
◇皮膚が赤らむ。
◇皮膚の感染症にかかりやすくなる。

先にも触れましたが、使用をする場合は必ず医師の指示に従いましょう。
症状が良くなったと思って自分の判断で急に使用を止めると、リバウンドで悪化することもあるそうなので注意が必要です。
風邪薬などと違って、使用を止めることも自分の意思で判断してはいけない事を覚えておきましょう。

炎症を抑える薬には“非ステロイド系”もあるようですが、ステロイド剤のように強い効果は望めないので、これも医師と相談して決めましょう。

“脂漏性皮膚炎”などを発症した場合、一日でも早く完治させたいところですが、頭皮は脂漏部位でもあることから、頭皮の炎症は完治しにくく、又、再発しやすいのです。
一時的に症状が治まっとしても安心して油断せずに、日常的に自己管理する事を勧めます。
特に“不規則な生活習慣”は“脂漏性皮膚炎”を悪化させますので、規則正しい生活と食習慣、十分な睡眠を心掛けて下さい。

発毛剤のタイプ

医学の進歩や研究の成果により、実に様々な発毛剤の種類が発売されるようになりました。
今までは不可能であったことも、すべて可能にしてしまいそうなほどです。

では、発毛剤のタイプにはいったいどんなものがあるでしょうか?
残念ながら脱毛に効く万能薬は無いので、自分の症状や体質に合ったものを使用するようにしましょう。

■頭皮に塗布するタイプの発毛剤
「ミノキシジル」という名前をどこかで聞いたことがあると思います。
代表的なのは大正製薬の『リアップ』ですが、脱毛における大きな要因である“男性ホルモン”の働きを抑制します。
“男性ホルモン”は、毛母細胞の活動を抑えてしまい、その結果、男性型脱毛症になると言われています。
「ミノキシジル」は毛細血管を拡張する作用があり、血流が良くなって栄養が運ばれやすくなる為、毛母細胞が活性化し、発毛を促進します。
種類を問わずどんな製品であっても、あきらめないで使用することが必要ですので最低でも半年は使用を続けましょう。
『リアップ』は生活改善薬として薬局などで購入する事ができます。

■飲む発毛剤
“飲む育毛剤”は日本では歴史が浅く、ごく最近の2005年に発売されました。
現在でも話題となっている『万有製薬プロペシア』ですが、一般名は「フィナステリド」と言います。
“飲む発毛剤”ということから、“体にとって害は無いのだろうか?”という印象を受けると思いますが、働きとしては男性ホルモンの生成を阻害し、髪の毛が抜けることを減少します。
これも飲んだらすぐに成果が現れるというのではなく、個人差があるようですが、半年以上の継続使用が必要です。
『プロペシア』もやはり万能薬ではなく、男性型脱毛症の治療薬です。
タグ:発毛剤

発毛剤の理解

抜け毛が増え薄毛となってしまい、“発毛”に悩む方は多いと思います。
育毛したくてもまず発毛しないことには育てられないと思いますよね。

“発毛”を行う上で使用する発毛剤ですが、現在では様々な種類のものが発売されています。
“発毛剤”という商品から受けとるイメージは、“薄毛になった頭部に発毛剤を塗布することで、髪の毛がニョキニョキ生えてくる”といった感じでしょうか?
しかし残念ながら、薄毛となってしまった前頭部や頭頂部から新しい髪の毛が生えてくるということはほとんどありません。

発毛剤や育毛剤については、以下のように解釈した方が良いと思います。
地肌が見えてしまっている頭皮を良く見てみると、少なからず“産毛”が残っています。
完全に“ツルツル”になってはいない筈です。
発毛剤や育毛剤はこの“産毛の状態の毛髪を太く長く成長させ、密度を増やして地肌を覆ってくれる手助けをしてくれる”といった感じです。

発毛に成功し、発毛剤の使用前、使用後では明らかに毛が増えたと見える方でも、実際の髪の毛の本数は増えてはいないそうです。

様々な原因で“脱毛症”となり、“薄毛”となってしまう方。
たとえ髪の毛が抜けてしまっても「発毛剤」という名称から、“新しく毛が生える!”と勘違いして無茶な使用をすることはやめましょう。
ただし、生活環境や食生活、ストレスが影響して脱毛症となっている場合などについては、その環境を改善する事で回復する場合もありますので、自分の症状を良く確認して手当てするようにします。
間違った手当ては、“脱毛症”を逆に進行させてしまう場合も多くあるので、気をつける必要があります。
タグ:発毛剤
スポンサードリンク
発毛・育毛情報:内容紹介
発毛剤の理解
“発毛”を行う上で使用する発毛剤ですが、現在では様々な種類のものが発売されています。
発毛剤のタイプ
発毛剤のタイプにはいったいどんなものがあるでしょうか? 残念ながら脱毛に効く万能薬は無いので、自分の症状や体質に合ったものを使用するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎
「脂漏性皮膚炎」は、生活環境、食生活、シャンプー剤、洗髪の方法などに問題があることによって、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて発症する場合があります。
ステロイド剤の副作用
医師の処方をきちんと守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので簡単に紹介します。
発毛剤の効く条件
これまで発毛剤や育毛剤を使用し続けてきてもあまり効果が表れないという場合は、もしかすると他に改善すべき原因があると考えられます。
プロペシアの副作用
「ジヒドロテストステロン」(DHT)という成分が発毛や髪の毛の成長を阻害するといわれていますが、“プロペシア”の主成分である「フィナステリド」がこのDHTの生成を抑制してくれます。
生え際の復活
毛の生え際を復活させるには、DHT抑制効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、また頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を併用するなどの多角的な対処方法が有効と思われます。
発毛するにはまず頭皮の回復
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていくことが大切です。
発毛の現実
薄毛に悩む方が「期待する発毛効果」と「発毛の現実」には大きなギャップがあります。
発毛のステップ
発毛は、3段階のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。
清潔な頭皮
発毛を促す上で“頭皮を清潔にすれば良い”といわれていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がるという訳ではありません。
発毛は生え代わり
“抜け毛対策”というのは、抜け毛の量を減らすことよりも、どちらかというと抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
毎日の発毛ケア
“発毛ケア”は“特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない”、という考えは間違いです。
発毛の為に抜け毛のチェック
“抜けてしまった髪の毛”を観察してみるのも発毛のために参考になります。
短小毛は早く発毛手当てを
抜け毛の中で“短小毛が目立つ”ようであれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多い
発毛改善の近道
しっかりした髪の毛を発毛させる為には、まず自分の状態を良く観察し、手当てを施すことが改善にとって近道となります。
発毛に求める効果
これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代であっても、発毛の手当てをして求めた効果を得る人はほんの一握りです。
健康な体づくり
発毛の手当ても、まず頭皮の状態を回復させ、健康で全身に栄養がしっかりと運ばれるような体づくりをしましょう。
皮脂の知識
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまいます。
皮脂の役割
皮脂には、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
発毛におけるホルモンバランス
女性は男性ホルモンが過剰になるということはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
頭皮の老化を防ぐ
頭皮が老化すると、発毛をしたとしても栄養が行き渡らず、十分に育ちません。
病院に行きましょう
発毛の手当てを行う場合、独学で行うより病院で診断してもらった方が、断然確かな方法が取れます。
よくある髪のトラブル
頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛自体のトラブルについても知っておいた方が、もしそういうトラブルになった時でもすぐに対処ができます。
発毛の情報
近年のインターネットの普及により、発毛や育毛など髪の毛に関係する情報には様々なものがあります。
発毛いろいろ知識
発毛の手当てを行う上で様々な知識を持っていることは、より効果的な手当てを行えるということに繋がります。
シャンプー前には
“シャンプーのし過ぎは良くない”といわれていますが、シャンプーをしないというのも当然ながら良くありません。 自分の頭皮の状態に合わせて、適宜洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。
シャンプーの仕方
正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てをする上で清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。
食生活と生活環境
薄毛になってしまう原因には、生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが頭皮に栄養をうまく運べなくなっている場合もあります。
発毛における環境
“薄毛”や“若ハゲ”で悩む方は年々増え続けています。私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。
※“発毛”や“育毛”はご自分の判断で行わずに、専門医に相談されることをお勧めします。掲載情報を使って損害が生じたとしても、当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。